Ueda Minoru
『上田 実』の覚悟

自らが起ち、自らが興す。

自ら興し、チームを牽引します。

  • 名古屋大学で35年間、細胞の再生医療の研究に従事した名誉教授「上田実」。
  • 世界で初めて幹細胞の分泌する液体が細胞再生の主役であることを発見しました。
  • 日本医療研究開発機構(AMED)をはじめとした様々な公的機関で審査委員を務め、日本の再生医療発展に貢献してきました。
  • 様々な民間企業の技術顧問も務め、新しい産業創出を支援してきました。

  • しかしながら、
  • どのプロジェクトも私が理想とするものとは程遠いものでした。
  • 私はそんな現状を打破すべく、自らが会社を立ち上げ、チームを牽引します。
『上田 実』インタビューはこちら